40代子持ちサラリーマンのための副業ブログ

お金の節約と投資に関する情報を発信。

楽天ゴールドカードのメリットとデメリット(かなりおすすめ!)

f:id:masahiroblogaffiliate:20190522234750j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

  

この記事では、楽天ゴールドカードのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

 

結論:楽天ゴールドカードはかなりおすすめです。

 

理由

・年会費2,160円という安さ。

楽天市場でのポイントが最大5倍貯まる。

・空港ラウンジも使える。

 

 

1.楽天ゴールデンカードとは?

 

 ①楽天カード

 ・年会費:0円

 ・楽天ポイント付与:3倍

 

 ②楽天ゴールドカード

 ・年会費:2,160円

 ・楽天ポイント付与:5倍

 

 

2、楽天ゴールドカードのメリット

 

 楽天市場での買い物ポイントが合計5倍

 

 ・普通の楽天カードより、+2%ポイントが貯まりやすくなるのが大きなメリットです。

 

 ・ポイント5倍の内訳について

 「通常ポイント1%+楽天カード1%+楽天カード特典3%」

 この「楽天カード特典3%」の部分は期間限定ポイントとなり、有効期限が短い(翌月末日まで)ので注意が必要です。

 

 

 ②国内空港などのラウンジが無料で利用可能

 

 ・旅行の際は空港での待ち時間に、このラウンジが無料特典をで利用すると良いですよ。

 

 

 楽天ETCカードの年会費も永年無料

 

 ・楽天ETCカードは通常だと年会費540円ですが、楽天ゴールドカードを持つと永年無料になります。

 

 

3.楽天ゴールドカードのデメリット

 

 ①ゴールドカードのわりに他のゴールドカードより色が薄く、ステータス感がない。

 

 

4.楽天ゴールドカードのまとめ

 

 ・年会費2,160円という安さ。

 ・楽天市場でのポイントが最大5倍貯まる。

 ・国内空港ラウンジを無料で使える。

 ・楽天市場で月々9,000円買い物をすれば、年会費は実質無料。

 ・ゴールドカードの色が薄いのが残念。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

楽天ゴールドカードは、楽天市場で買い物をよくする人にとっては非常におすすめです。

 

楽天カードからの切り替えの手続きも簡単ですよ。

 

この機会にぜひ、今ならお得な特典もありますよ。

 

【徹底比較】ウェルスナビと投資信託って何が違うの?(初心者向け)

f:id:masahiroblogaffiliate:20190519181739j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

  

 この記事では、ウェルスナビと投資信託って何が違うの?についてご紹介します。

 

 

結論

 

・ウェルスナビが向いている人

 ①今まで投資したことがない。

 ②忙しいので全部おまかせでやってもらいたい。

 

投資信託が向いている人

 ①手数料を安くしたい。

 ②基礎知識はあるので、自分でポートフォリオを選んでみたい。

 

 

1.そもそもウェルスナビ(WealthNavi)と投資信託とは?

 

・ウェルスナビ(WealthNavi)とは

 ①一番人気のあるロボアドバイザーです。

 ②ロボアドバイザーとは、投資信託の運用をすべてお任せできるサービス。

 ③ETF(上場投資信託)で運用をしているので、投資信託の1つというイメージです。

 

投資信託とは

 ①「専門家に投資じてす」ことです。

 ②投資・運用の専門家が選んだ投信信託(ファンド)にお金を預けます。

 ③投資信託の特徴は、日本や海外の株や債券などを組み合わせて一つの商品にしているという点。

 ④ポートフォリオ(運用の組み合わせ)は、その投資信託ごとに様々です。

 ⑤投資信託を購入する時は、購入手数料が無料の「ノーロード」を選べばコストを抑えられるのでおすすめです。

 

 

2.ウェルスナビ(WealthNavi)と投資信託の違い

 

 ①手数料は投資信託の方が安い。

  ウェルスナビの手数料は、年1%(3000万円以下の場合)。

  投資信託は、インデックスファンドなら年0.2%の商品もあります。

  人気の投資信託「eMAXISSlim先進国株式インデックス」では、手数料(信託報酬)は税抜で約年0.117%です。

   

 ②ウェルスナビの方が簡単に始められる。

  ウェルスナビは、6つの質問に答えて入金するだけでスタートできる。

  投資信託は、説明が書かれている目論見書が分かりづらい。

 

 ③NISAはウェルスナビが使えない。

  NISA(少額投資非課税制度)を利用すると利益への約20%の課税がなしになりますが、ウェルスナビでは使えません。

  投資信託では使えるので、手数料の安さとあわせて考えると投資信託の方がお得です。

 

 ④ウェルスナビが10万円、投資信託は100円から始められる。

   投資信託の方が、少額から始められます。

 

 

 3.ウェルスナビ(WealthNavi)が向いている人は?

 ①今まで投資したことがない。

 ②忙しいので全部おまかせでやってもらいたい。

 

 

4.投資信託が向いている人は?

 ①手数料を安くしたい。

 ②基礎知識はあるので、自分でポートフォリオを選んでみたい。

 

 

5.まとめ

 

・ウェルスナビ

 ①手数料:年1%

 ②NISA:無し

 ③最低投資額:10万円から

 

投資信託

 ①手数料:年0.1%~0.2%もあり

 ②NISA:あり

 ③最低投資額:100円から

 

いかがだったでしょうか。

 

投資初心者の方は、簡単に始められるウェルスナビから始めてみるのが良いかと思います。

 

両方ともメリットとデメリットがあるので、理解した上で選んでいきましょう。

 

 

 

初心者におすすめの資産運用

f:id:masahiroblogaffiliate:20190517011045j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

  

 この記事では、初心者におすすめの資産運用についてご紹介します。

 

結論:運用資金10万円でOK!

 

年間の利回りを5%とすると、5,000円の儲けが期待できます。

 

 

初心者でも簡単に始められる運用のみ厳選しました。

 

おすすめの資産運用

①ロボアドバイザー

②NISAで投資信託

ソーシャルレンディング

 

 

1.運用のリスクを減らす方法は、「長期・分散・積立」

 ・長時間で安定した投資運用をする。

 ・分散投資をする。

 ・コツコツ積立をする。

 

 

2.ロボアドバイザー

 ①最低投資額:10万円(人気No.1はウェルスナビ)

 ②期待利回り:年2~10%以上

 ③おすすめ度:★★★★★

 ④特徴:全自動で運用してくれる・初心者にぴったり

 

 ロボアドバイザーが向いている人

 ・資産運用が初めて

 ・ほったらかしの自動投資をしたい

 ・運用資金は10万円くらいから始めたい

 ・すぐに解約できるのが良い

 

 

3.NISAで投資信託

 ①最低投資額:100円(つみたてNISAがおすすめ)

 ②期待利回り:年4~5%以上

 ③おすすめ度:★★★★☆

 ④特徴:NISAは利益に税金がかからない

 

 NISAの投資信託が向いている人

 ・手数料をできるだけ安くして運用したい

 ・NISAを試してみたい

 ・証券会社を使ってみたい(おすすめは、楽天証券SBI証券

 

 

4.ソーシャルレンディング

 ①最低投資額:1万円

 ②期待利回り:年5~10%以上

 ③おすすめ度:★★★★☆

 ④特徴:相場の上がり下がりに左右されない

 

 ソーシャルレンディングが向いている人

 ・相場の上がり下がりを気にしたくない

 ・ネットを通じて企業にお金を貸してみたい

 ・1万円から始めてみたい

 ・しばらく引き出さないお金がある

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

資産運用と聞くとむずかしそうですが、とっても簡単なので今からで遅くありませんよ。

 

迷ったら、最初に紹介したほったらかし自動投資でロボアドバイザーのウェルスナビから始めておけばOK!

 

ぜひ、資産運用を始めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戸建てとマンション住むならどっち?メリットデメリット

f:id:masahiroblogaffiliate:20190515003235j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

  

 この記事では、戸建てとマンション住むならどっち?メリットとデメリットについてご紹介します。

 

結論:あなた自身のライフスタイルによるので、自分でぴったりなのを選びましょう。

 

 

戸建てとマンションのメリットとデメリット

 

1.価格は?

・新築で同じ立地、同じ面積なら戸建てが高い。

・一般的には、戸建ては土地が残るので資産価値が残る。

都心部のマンションなら資産価値がある。

・同じ価格なら、戸建ては郊外でマンションは都心部になる。

 

 

2.セキュリティー

・オートロックがあるマンションが有利。

・マンションは住人がいるので、無人になりにくい。

・戸建てでもSECOMいれたりしてセキュリティを高めることは可能。 

 

 

3.断熱性、眺望、メンテナンス

・断熱性、眺望はマンションが有利。

・バイアフリーもマンションが有利。

・メンテナンスもマンションが有利。

・維持費は戸建てが有利、駐車場代や管理費がかからない。

 

 

4.建物のメンテナンスは?

・どっちも必要なので同じくらい。

・マンションは管理組合。修繕積立金

・戸建ては自分で修繕を業者に依頼する。

 

 

5.個人的には?

 

僕は戸建てに住んでいるんですが、子供が騒いだりしてもあまり気にしなくていいのでほんと戸建てでよかったなと思います。

 

駐車場に関しても庭に車を止められるので出入りが楽ですね。マンションだと立体とか駐車場まで遠いいとかエレベーター乗らないといけないとかで結構大変です。

 

 

6.まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

戸建てにもマンションにもメリット、デメリットあると思いますので、ライフスタイルに合わせてぴったりのを選びましょう。

 

 

 

 

仮想通貨取引所、BITPoint(ビットポイント)のメリットとデメリット

f:id:masahiroblogaffiliate:20190513000114j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

 

ビットコインの価格上昇により、久しぶりに仮想通貨が盛り上がりを見せてきましたので、この記事を書こうと決めました。 

 

この記事では、仮想通貨取引所、BITPoint(ビットポイント)のメリットとデメリットについてご紹介します。

 

結論:ビットポイントは非常におすすめです。

 

 

1.仮想通貨取引所とは?

・仮想通貨の売り買いをするところ。

・取引所に登録することで、仮想通貨を買うことができるようになる。

・登録は簡単で、ネットで登録は完了し印鑑などは不要。

 

 

2.BITPoint(ビットポイント)とは?

・設立時期:2016年3月。

・人気のある取引所。

・セキュリティですが、親会社が上場企業であり、安全面にもかなり力を入れています。

 

 

3.BITPointn(ビットポイント)の特徴

・取扱銘柄:BTC・ETH・BCH・LTC・XRP

・手数料:すべて無料

・その他:損益計算機能あり

 

 

4.BITPoint(ビットポイント)のメリット

 ①損益計算機能あり。

 ②取引手数料を含めたすべての手数料が無料。

 ③セキュリティも安心で安全。

 ④FX専用取引ツールやアプリも豊富。

 

ビットポイントには、ユーザーが待ち望んでいた損益計算機能があります。

 

確定申告時の仮想通貨の損益計算の手間は非常に大きいんです。

取引を記録しておいて、取得単価を調べて、円に直して損益を計算してと。

 

そんな手間も、ビットポイントの損益計算機能なら解消されます。

これは本当に便利です。

 

 

5.BITPoint(ビットポイント)のデメリット

 ①取扱銘柄が限られている。

 ②大手に比べ、取引所のユーザーが少ない。

 

ビットポイントでは取扱銘柄が、 BTC,ETH、BCH、LTC、XRPの5つのみです。

それ以外の通貨を取引したい場合は、他の取引所と併用して使うのが良さそうです。

 

 

6.まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

損益計算機能がある点で、ビットポイントはかなりおすすめの取引所ですね

 

仮想通貨初心者の方も、この機会にぜひどうぞ!

 

 

楽天証券のメリットとデメリット

f:id:masahiroblogaffiliate:20190511225243j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

 

この記事では、楽天証券のメリットとデメリットについてご紹介します。

 

結論:楽天証券は非常におすすめです。

 

 

1.楽天証券とは?

・設立時期:1999年。

総合口座数:約300万(ネット証券でSBI証券に次いで2位)。

楽天が運営する人気の証券会社。

手数料も安く、楽天ならではのポイント還元が一番のうり。

 

 

2.楽天証券のメリット

・月100円から積立投資ができる。

・取引手数料も安く、ポイントでのキャッシュバックもある。

日本経済新聞も無料で読める。

・投信積立でお得なポイント還元がある。

楽天銀行とのマネーブリッジで自動入出金(スイープ)が使える。

 

楽天証券の口座開設をすれば、日本経済新聞の記事が無料で読めます。

僕も日経新聞を以前は買って読んでましたが、これで買う必要がなくなりました。

とてもお得ですので、口座開設だけでもしておきましょう。

 

 

また、投資信託の積立で1%還元されるのが一番のメリットですね。

 

条件としては、楽天カードのクレジット決済を選ぶことです。

楽天カードの積立の上限は月5万円なので、最大で月500ポイントもらえます。

さらに投資信託の残高10万円ごとに4ポイントもらえるます。

 

どんどんポイントが貯まるので、非常におすすめです。

 

 

楽天証券の自動入出金(スイープ)機能も非常におすすめのサービスです。

楽天証券との口座連携である「マネーブリッジ」を設定するだけで、楽天銀行に残高があればすぐに注文ができるんです。

 

その設定をするとなんと楽天銀行普通預金金利メガバンクの100倍の年0.10%になります。

 

 

3.楽天証券のデメリット

・店頭での相談ができない。

楽天銀行楽天カードを使ってない人にはメリットが少ない。

 

ポイント還元があっても、楽天市場を利用することがない人にはメリットが少ないですね。

 

 

4.まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

まとめると、楽天証券は非常におすすめできる証券会社です。

 

僕も利用しているので、自信をもっておすすめできます。

 

月100円から積立投資ができるので、ぜひ試してみてください。

 

 

楽天銀行のメリットとデメリット

 

f:id:masahiroblogaffiliate:20190511002108j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

 

この記事では、楽天銀行のメリットとデメリットについてご紹介します。

 

結論:楽天銀行は非常におすすめです。

 

ポイント還元がとても優秀なので、普通に使っているだけでどんどん貯まっていきますよ。

またATM手数料と振込手数料の無料回数も多く、対応しているコンビニATMも豊富ですね。

 

  

1.楽天銀行とは?

・設立時期:2000年。

・「イーバンク銀行」という名前でしたが、楽天が親会社になり「楽天銀行」に変わった。

・実店舗を置いていないネット銀行。

・口座開設から実際の利用まで、基本的にスマホやPCで行える。

楽天ならではのポイント還元が、一番のうり。

 

 

2.楽天銀行のメリット

 ①ATM手数料が最大月7回・他行宛振込手数料が最大月3回まで無料。

 ②マネーブリッジ設定で高金利に(普通預金金利が1000倍)。

 ③スマホアプリも使いやすい。

 ④ハッピープログラムでのポイント還元がお得。

 

楽天証券との口座連携である「マネーブリッジ」を設定するだけで、なんと楽天銀行普通預金金利が年0.10%になります。

100万円預金しただけで、1000円の利息(税引前)がつくイメージですね。

大手銀行はどこも年0.001%なので、100倍になります。

 

 

3.楽天銀行のデメリット

 ①店頭での相談ができない。

 ②外貨預金のコストはやや高い。

 

 

4.まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

楽天銀行のポイントの貯まりやすさ、普通預金金利などを考えると楽天銀行はかなりおすすめですね。

僕も、もちろん利用してます。

 

口座開設もネットから簡単にできるので、便利ですよ。

ぜひ開設してみてください。