40代子持ちサラリーマンのための副業ブログ

お金の節約と投資に関する情報を発信。

NISAのメリットとデメリット(初心者向け)

f:id:masahiroblogaffiliate:20190510004444j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

 

この記事では、NISAのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

結論:NISAは、運用で得た利益のへの税金20%を無くすことができる

 

投資初心者にとってもメリットがある制度なので、この機会に知っておきましょう! 

 

 

1.NISAとは?

・NISA(少額投資非課税制度

 ①NISAは「Nippon Individual Savings Accoount」の頭文字の略です。

 ②投資で得た利益に税金がかからない制度。

 ③株や投資信託の利益には約20%の税金がかかりますが、NISAを利用するとその税金がゼロになる。

 ④投資を始める人を増やすために国が推進している、お得な制度。

 

 

2.NISAには、3種類ある

 ①NISA:一般NISA。毎年120万円が非課税で期間は5年間。

      一括で投資しても積立でもOK。

 ②つみたてNISA:積立に特化したNISA。毎年40万円が非課税で期間は20年。

          対象商品は厳選した優良商品。

 ③ジュニアNISA:19歳までの子供が利用できるNISA。

          毎年80万円が非課税で期間5年。口座管理は親。

 

コツコツ長期で運用したい方は、つみたてNISAがおすすめです。

一般NISAは、毎年120万円の非課税枠で期間は5年、つみたてNISAは毎年40万の非課税枠で期間は20年。

 

つまり年間で買える額は、一般NISAの方が大きい分、税金がかからない期間はつみたてNISAの方が長いのです。

なので、つみたてNISAの方が長期投資に向いているんですね。

 

選べる投資商品も異なっていて、一般NISA対応の商品は幅広く選べます。

一方でつみたてNISAは厳選された商品150本程度のため良い商品は多いですよ。

 

 

3.NISAのメリット

 ①投資で得た利益が非課税になる。

 

 

4.NISAのデメリット

 ①損失を出すとマイナスの効果がある。

 ②始めるまでに時間がかかる。

 ③NISAの口座は1人1つしか作れない。

 

 

5.NISAの始め方

楽天証券での口座開設がおすすめ

・つみたてNISAを始める流れ

 ①楽天証券総合口座を開設する

 ②NISA口座開設の書類を請求

 ③書類に記入して送付

 ④税務署での審査後、口座開設完了

 ⑤投資信託など商品を購入

 

 

6.NISAでおすすめの投資信託は?

 

投資初心者は、まずNISAで投資信託を買うのがよいでしょう。

投資信託とは、国内外のいろんな株や債券などが混ざった投資商品です。

自然と分散投資ができるメリットがあります。

 

おすすめの投資信託

・「楽天・全米株式インデックス・ファンド」

・「eMAXISSlim先進国株式インデックス」

2つとも手数料が少ないです。

 

投資は、あくまでも自己責任なので、自分でも色々調べながら投資先を選んでみて下さい。

 

 

7. まとめ

 

いかかだったでしょう。

 

NISAは、利益に税金がかからないというメリットがあるので、投資初心者の方におすすめです。

 口座開設から商品購入までも難しくはないので、簡単に始めることができますよ。