40代子持ちサラリーマンのための副業ブログ

お金の節約と投資に関する情報を発信。

プログラミングに向き不向きがあるという話は、嘘ですよ

f:id:masahiroblogaffiliate:20190430232534j:plain

 

こんにちは、まさひろです。

 

この記事では、プログラミングに向き不向きがあるという話は、嘘ですよについてご紹介します。

 

結論:プログラミングに向き不向きがあるという話は、嘘ですよ

 

理由:プログラミングといってもいろんな言語があるから

 

 

具体例

 

PHP : イメージ的にはブロックみたいな感じ。

 

WordPress : 正確に言うと言語ではなくシステム。

        PHPのブロックをさらに簡略化したもの。

 

HTML・CSS : 正確にプログラミング言語ではなくて、マークアップ言語。

         デザインに近い

 

JavaScript : 正直難しい。難しい参考書を読むと訳が分からなくて寝落ちする。

        今から始めるなら、JavaScriptを改良したNode.jsが良い。

 

ネットワークエンジニア : ネットワークの中をいじるエンジニア。

              なにをやっているのかよくわからない。

 

人によって向き不向き、好きか嫌いかは、正直やってみないと分からない。

 

最近プログラミングが簡単になってきている。

覚えるのが難しいJavaScriptが進化したNode.jsという新しいフレームワークがあって、JavaScriptではなく、より簡単なNode.jsでだいたい必要な機能は作れてしまう。

こういったフレームワークが世の中にどんどん出てきていて、このあたりをうまく利用すれば、過去の難しい知識は覚えなくていい。

新しい技術で実現できるなら、より簡単な新しい方の言語を覚えれば良い。

 

プログラミングに数学は大切?

PHPに関しては、数学はそんなに関係ない。

大切なのは、ググル力、検索力です。

・分からないことがあったら、その都度検索して解決していく。

 

パソコンのスキルも必要?

・ここに関しては必須。

・パソコンスキルってスキルっていうよりも慣れの話。

 

 

プログラミング言語はいっぱいあるので、まずはやってみて、自分がやってて楽しいとか、これならできそうと思うものを探した方がいい。

向き不向きとか、プログラミングは理系の人だけだというのは、可能性を潰すのであまりよくない悲しい言葉。

 

余談

英語にも向き不向きがあると思うけど、英語の向き不向きはそんなに語られない。

なぜなら、英語は普及しきっているから。

「世界の共通言語は英語」みたいになっている。

日本の義務教育にも取り入れられている。

英語はとりあえず全員やるみたいな風潮になっている。

 

プログラミングも徐々にこうなっていくと思っている。

プログラミングも義務教育に入っている。

自動的に全員プログラミングを勉強するようになる。

今更向き不向きは考えない。

現代においてプログラミングって必須でしょっみたいなそういう時代になっていく。

 

まとめ

プログラミングに向き不向きはないですし、プログラミングの需要は上がっていく。

プログラミング勉強したら、人生が豊かになっていく。

 

 

 

詳細は、マナブさんのYoutube動画プログラミングに向き不向きがあるという話は、嘘ですよ【事実です】 - YouTubeをご視聴ください。