40代子持ちサラリーマンのための副業ブログ

お金の節約と投資に関する情報を発信。

【徹底比較】ウェルスナビと投資信託って何が違うの?(初心者向け)

f:id:masahiroblogaffiliate:20190519181739j:plain

 

こんにちは、まさひろです。 

  

 この記事では、ウェルスナビと投資信託って何が違うの?についてご紹介します。

 

 

結論

 

・ウェルスナビが向いている人

 ①今まで投資したことがない。

 ②忙しいので全部おまかせでやってもらいたい。

 

投資信託が向いている人

 ①手数料を安くしたい。

 ②基礎知識はあるので、自分でポートフォリオを選んでみたい。

 

 

1.そもそもウェルスナビ(WealthNavi)と投資信託とは?

 

・ウェルスナビ(WealthNavi)とは

 ①一番人気のあるロボアドバイザーです。

 ②ロボアドバイザーとは、投資信託の運用をすべてお任せできるサービス。

 ③ETF(上場投資信託)で運用をしているので、投資信託の1つというイメージです。

 

投資信託とは

 ①「専門家に投資じてす」ことです。

 ②投資・運用の専門家が選んだ投信信託(ファンド)にお金を預けます。

 ③投資信託の特徴は、日本や海外の株や債券などを組み合わせて一つの商品にしているという点。

 ④ポートフォリオ(運用の組み合わせ)は、その投資信託ごとに様々です。

 ⑤投資信託を購入する時は、購入手数料が無料の「ノーロード」を選べばコストを抑えられるのでおすすめです。

 

 

2.ウェルスナビ(WealthNavi)と投資信託の違い

 

 ①手数料は投資信託の方が安い。

  ウェルスナビの手数料は、年1%(3000万円以下の場合)。

  投資信託は、インデックスファンドなら年0.2%の商品もあります。

  人気の投資信託「eMAXISSlim先進国株式インデックス」では、手数料(信託報酬)は税抜で約年0.117%です。

   

 ②ウェルスナビの方が簡単に始められる。

  ウェルスナビは、6つの質問に答えて入金するだけでスタートできる。

  投資信託は、説明が書かれている目論見書が分かりづらい。

 

 ③NISAはウェルスナビが使えない。

  NISA(少額投資非課税制度)を利用すると利益への約20%の課税がなしになりますが、ウェルスナビでは使えません。

  投資信託では使えるので、手数料の安さとあわせて考えると投資信託の方がお得です。

 

 ④ウェルスナビが10万円、投資信託は100円から始められる。

   投資信託の方が、少額から始められます。

 

 

 3.ウェルスナビ(WealthNavi)が向いている人は?

 ①今まで投資したことがない。

 ②忙しいので全部おまかせでやってもらいたい。

 

 

4.投資信託が向いている人は?

 ①手数料を安くしたい。

 ②基礎知識はあるので、自分でポートフォリオを選んでみたい。

 

 

5.まとめ

 

・ウェルスナビ

 ①手数料:年1%

 ②NISA:無し

 ③最低投資額:10万円から

 

投資信託

 ①手数料:年0.1%~0.2%もあり

 ②NISA:あり

 ③最低投資額:100円から

 

いかがだったでしょうか。

 

投資初心者の方は、簡単に始められるウェルスナビから始めてみるのが良いかと思います。

 

両方ともメリットとデメリットがあるので、理解した上で選んでいきましょう。